任意整理とは?そのメリットとデメリット

任意整理とは、今ある借金を利息制限法に引き直しの計算をし、借金を減額させます。

その後将的な来利息を付けずに3年から5年の分割返済をします。これは裁判所を通さずに弁護士や司法書士に依頼をして交渉する方法になります。

将来の利息がカットされるので、今ある借金より返済総額は大幅に少なくなります。借金の額が大きいほど人、任意整理はメリットがあります。

任意整理のメリット

  • 借金が大幅減額になります
  • 金利と損害金がカットになります
  • 賃金業者の取立てが止まります
  • 裁判所に行かないので時間的拘束がありません
  • 一部のみの借金整理も可能
  • 官報に掲載されません

任意整理のデメリット

  • ブラックリストに5年間載ります
  • 5年間は新たな借金、クレジットカードが作れません
  • ローンが組めなくなります
  • 業者によっては和解が成立しない場合があります

追加で過払い請求の事も書きます。

過払い金とは、消費者金融やカード会社に払いすぎたお金を請求することによって取り戻すことができる事をいいます。

消費者金融やカード会社が設定した不当な金利を言われるがままに、長年、利息として返済していた方は利息を払いすぎている可能性が高いです。

全員がこれに当てはまる訳ではありませんが、思い当たる節がある人は弁護士に相談してみるのもいいでしょう。